ハゼが好き!

タンク千本潜ったベテランダイバーが、海の宝石とも呼ばれる、美しいハゼたちの写真を通して、神秘の水中世界をご案内します。

No.015 ブチハゼ (Cryptocentrus inexplicatus) その2

撮影日時:2019-12-10

撮影場所:マクタン(マッドヘヴン)

撮影器材:Canon EOS7D MarkII 100マクロ

 

 前日の写真とそっくりだが、タイムスタンプが、3分ほど空いている(こちらが後)ことから、恐らく、別の個体だと思う。

 

 砂地に棲む共生ハゼの巣穴は、横向けに掘られているのが普通だが、ブチハゼを始めとする泥ハゼの巣穴は、この写真のように、縦になっていることが多い。

 泥地で、巣穴の出口を横向けに作ろうとすると、天井が崩れてくるために、このように、縦に作るしかないのではないかと思う。

 

 前日の写真の個体は、その巣穴の外側まで出てきて、横向けになっていたが、この個体は、巣穴の中でホバリングしていた。

 下手に巣穴の壁面に触れると、あっという間に、壁が崩れてくるためだろう。

 写真は、こちらを威嚇するように口を開けたところを、うまいタイミングで撮ることができたが、下の黒っぽいエビにまで、光が充分に回らなかったのが残念。

 

ブログ村ランキングに、参加しています。

応援、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ

 

 ハゼの写真を、まとめて見たい方は、こちらをどうぞ。

kasuri-haze.sakura.ne.jp